発達時期の思春期のバストアップが危険な理由

ハリを取り戻せ!産後のバストアップテクニック

 

思春期になると、女性ホルモンの影響で女子の胸は膨らんできます。エストロゲンという女性ホルモンの作用で、乳腺が増えてその上に脂肪がつくからです。さらにプロゲステロンというホルモンは乳腺を発達させてバストを大きくしていきます。

 

20代、30代の大人になってからバストアップしたいというのであれば問題ありませんが、10代の思春期にバストアップサプリなどを使って無理に大きくしようとするのは危険です。

 

まだ体を作っている準備段階なので、ここで女性ホルモンの分泌量をコントロールする刺激を与えてしまうとホルモンバランスが崩れて体調が悪くなる可能性があります。

 

女性ホルモンを増やせばバストアップできるというのは確かに当たっていますが、発達段階の体のホルモンバランスを無理にコントロールするのは避けたほうがいいでしょう。だいたい20代くらいになればホルモンの分泌量が安定してくるので、それまではサプリなどは使わないほうがいいです。

発達時期はまだバストの大きさは気にしなくていい

中学生や高校生になると「周りの友達と比べて自分のバストの大きさが小さいのでは?」と気になってくることもあります。人によって生理が始まる時期は違いますし、ホルモンの分泌量や作用の仕方も違います。なので、必ずしも同じような環境で過ごしていたからといって同じサイズのバストになるわけではありません。

 

貧乳だと馬鹿にされると不安になるかもしれませんが、そもそもまだ発達段階であればこれからどんどん胸が育っていく可能性があります。ここで焦ってバストアップサプリメントを使うと、ちょうどよく保たれているバランスが崩れて体や心に影響が出ることもあります。

 

「まだ大きくなっている途中だから焦らなくていい」と気楽に考えたほうがいいです。何かしておかないと不安というのであれば、ホルモンバランスを崩す心配がなく、バストアップに効果的と言われているストレッチや生活習慣を実行してみるといいでしょう。

発達中のバストアップには食事と睡眠

成長期のバストの成長のために欠かせないのが、栄養バランスのとれた食事です。思春期は体型が気になってダイエットをする人が多いですが、無理なダイエットをすると胸の材料やその材料を胸に作り変えるための栄養が不足するのでバストが育たなくなってしまう可能性があります。これは避けて必要な栄養を摂取するようにしましょう。

 

バストアップに効果的な食べ物は、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っている大豆製品、女性ホルモンを増やす働きがあるボロンを含んでいる生キャベツ、胸の材料になるたんぱく質や脂肪を補ってくれる鶏肉などです。もちろん、食べ物でも大量に摂取すればホルモンバランスが崩れる恐れがあるので、毎日バランスよく摂取するようにしましょう。

 

あと成長期に欠かせないのが良質な睡眠です。眠り始めてから3時間の間に成長ホルモンの分泌が盛んになるので、毎日規則正しい睡眠を心がけるようにしましょう。